ライフ

映画【ボーダーライン】無料で動画視聴とストーリー紹介

ボーダーラインは、2015年のアメリカ合衆国のアクションサスペンス映画で、本作は2015年5月に開催された第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されたもの。

アリゾナ州チャンドラーで誘拐事件の容疑者宅に奇襲捜査が行われる。

FBI捜査官のケイト・メイサーと彼女のチームは容疑者の一人を射殺し、家屋の壁の中から無数の誘拐被害者たちの死体を発見する。

裏庭の物置に仕掛けられた爆弾により捜査官二人が犠牲となる。

ケイトは上司の推薦により国防総省のマット・グレイヴァー率いるチームに加わり、誘拐事件の主犯とされる麻薬カルテルの親玉マニュエル・ディアスの捜査に参加することを決める。

この映画はすぐにでも見て欲しい作品、実際に今すぐにでも、ホームアローンを見たいという方は、U-NEXTの31日間無料視聴という方法で見るとかなりお得。

31日無料視聴キャンペーンは、いつ終わってしまうか分からないものですが、今なら全然間に合います。

詳細は下にあるボタンから登録出来ます、貼っておきますね!

 

ボーダーラインの大まかなあらすじ

エルパソに移動したケイトは、マットのパートナーで所属不明のコロンビア人、アレハンドロに会う。ケイト、マット、アレハンドロはデルタフォースと共に国境を越えメキシコのシウダー・フアレス市に移動する。

部隊はそこでカルテルの幹部でディアスの弟(日本語音声版では「兄」)のギレルモを地元警察から引き取る。

アメリカ本土へ帰還する途中の高速道路で、アレハンドロはカルテルの手下たちが自分たちを取り囲んでいることに気付く。

カルテル構成員は道路の渋滞に乗じて部隊を襲撃、幹部を救出するつもりだった。

これを察知した部隊はカルテルに先んじて車外に飛び出し、構成員達に銃口を向けて制止。

アレハンドロは構成員に投降を促すが、反撃されると判断した特殊部隊員達が構成員らを射殺する。

終始事態に困惑するケイトは車内で待機していたが、地元警官の1人が自身に銃口を向けている事に気付き、咄嗟で銃撃をかわして応射、警官を射殺する。

襲撃者の一掃を確認した部隊は足早にエルパソへ帰還する。

ケイトは今回の作戦の違法性についてマットに激しく抗議し、アレハンドロは水を使った拷問でギレルモからディアスの居住地を聞き出す展開になります。

¥400
(2020/08/05 10:42:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

もし、この映画だけでも気になるようでしたら、U-NEXTで31日間無料で色々な映画が視聴できるキャンペーンがありますから、安心して見られます。

映画・本・アニメなどエンタメが集まったU-NEXT

31日間無料で映画・本・アニメなどが見放題なので、31日を過ぎる前に解約すれば無料で見ることが出来るU-NEXT

U-NEXTのことを下記にまとめました。

  • とにかくラインナップが充実
  • 動画見放題、本見放題、アニメ見放題(トータル数十万本作品)
  • 高品質の音と映像

こちらの会社は見放題の作品数がNo1で、他社にはない作品のラインナップも充実しており、私も契約して楽しませてもらっています。

アニメや映画が特に好きなので、毎日見放題でうれしい限りでした。

今は無料期間を過ぎて、普通に見ておりますが最初の31日間は無料ですので、継続したくないと思ったら解約すればOKです。

一度、気になる作品をU-NEXTで見てみて下さい。