Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ゲーム

バーガーバーガーという今では、幻のレトロゲームを知っていますか?

プレイステーションで発売されたハンバーガーを作って、お店を経営していくハンバーガーゲームを知っていますか?

1997年に発売された、当時は流行っていたゲームで、今はこういうゲームはほとんど見なくなってしまいましたね。

自分が思い描いたハンバーガーをこのゲームでは作れます

「こんな材料でハンバーガー作ってみたいな」というものは大体、このゲームでかなえられます。

バーガーバーガーはハンバーガーチェーン店オーナー

このゲームの一番の特徴はハンバーガーの開発から、メニューの種類など何から何まで自分で作成することが出来ます。

最初は資金がどんどん減っていくのですが、自分が開発したハンバーガーが売れた時の感動は他のゲームでは決して味わうことが出来ません。

経営シュミレーションゲームは数多くありましたが、ハンバーガーの経営シュミレーションゲームはなかったですね。

バーガーバーガーのハンバーガー開発が非常に楽しい

このゲームの最大のウリとも言える、ハンバーガー作りですが、バンズの種類からハンバーガーの具も全て選択して、開発することが出来るため、まだ誰も作ったことのないものをゲーム内で作ることが出来ます。

味も自分で選択出来るので、見た目だけじゃなく、リアルにハンバーガーを作っている気分になれるゲーム。

開発レベルが高い人材を雇って、経営していく様はリアルなハンバーガー開発を彷彿としているシステムですよね。

フリーモードで100店舗経営がゲーム内目標

100店舗経営なんてすごく難しそうと思いますが、慣れるとサクサクと店舗増やすことが出来るので、以外に簡単だったりします。

プレイヤーの他にライバル会社がいて、ハンバーガーシェアを奪い合うシステムは、逸脱でした。

資金が底についたり、ライバルに100店舗達成されるとゲームオーバーとなってしまいますので、計画的な店舗展開が要求されます。

ある程度、月日が流れたりストーリーが進むと開発の幅、人材雇用の増加、食材や経費など色々気にしていく項目が増えていき、経営も本格的。

バーガーバーガーの続編には様々な機能が追加

バーガーバーガーが発売されて2年後の1999年には、バーガーバーガー2が発売された。

バーガーバーガーのシステムが強化され

  • シナリオモードの追加
  • ノウハウの自動化
  • 経営アシスタント
  • 食材の追加

などが追加・強化され、面白さが一層パワーアップしたのが2の特徴です。

一番の追加要素がやはりシナリオモード。

バーガー皇帝にハンバーガーを認めさせて旅をするという何とも、意味不明な設定なのですが、マップごとに設定された条件をクリアすることで、次のステージにいくことが出来ます。

条件も徐々に難しいものになっていき、マップが変わるたびにお客の好みが変わったりとA.Iも頭良い部分が目立ち、歯ごたえのあるゲームになってかえってきました。

後半になればタイムリミットが設定されていたりと、前作を楽しんで上達したゲームの猛者も歯応えのある難易度もあるので、本当に満足度の高いゲームとなっています。

マップをクリアすることで食材が手に入って、次のマップで使用することが出来るので、どんどん新しいハンバーガーの開発が可能となって、経営も幅広く展開することが出来るのです。

バーガーバーガー2の続編も発売された

2000年にバーガーパラダイスというゲームボーイカラーで発売を最後にバーガーバーガーの歴史は幕を閉じました。

あれ以来続編は発売されていませんが、本当に面白いゲームでした。

ちなみにバーガーパラダイスはバーガーバーガーの移植版で、新しい機能は特になかったと思いますが、携帯機で出来るというのがすごく良かった記憶がありますね。

今となっては完全にレトロゲームですが、当時のこのゲームの評価は特に高かったような…今、なぜか幻のゲーム扱いされているところもあり値段もかなり高騰しています。

夢のハンバーガーを作りたくなったら、プレイしてみることをおすすめします。

 

とり
とり
いつも読んで頂き、ありがとうございます