漫画とアニメ

アニメ【干物妹!うまるちゃん】無料動画&主人公・ヒロイン紹介

干物妹!うまるちゃんは、サンカクヘッドによる日本のギャグ漫画作品で、『週刊ヤングジャンプ』2013年15号から2017年50号まで連載された。

また、『ミラクルジャンプ』No.15(2013年)には特別編読切が、『ジャンプスクエア』2015年9月号には出張版が掲載された(スピンオフとは異なる)。

東京都八王子市近郊を舞台に、外では才色兼備で完璧だが家ではグータラに過ごす女子高生「うまる」と、その兄「タイヘイ」の日常を綴ったギャグ漫画である。

有名作品やサブカルなどのパロディが小ネタとして随所に散りばめられているのも特徴。

フリュー
¥124
(2020/09/29 18:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

このアニメはU-NEXTの31日間無料視聴という方法で見れますのでかなりお得。

31日無料視聴キャンペーンは、いつ終わってしまうか分からないものですが、今なら全然間に合います。

詳細は下にあるボタンから登録出来ます、貼っておきますね!

 

干物妹!うまるちゃんの主人公紹介

土間 埋 (どま うまる)

本作の主人公で、物語の開始一年前に兄・タイヘイとアパート『コーポ吉田』の201号室にて二人暮らしを始める。

作中での表記は「うまる」、髪型は亜麻色のロングヘアー、誕生日は9月26日。

身長は干物妹時は40センチ、美妹及びUMR時は160センチの血液型はAB型。

名門・荒矢田(あらやだ)高校に通っている容姿端麗かつ品行方正、成績優秀・スポーツ万能で教師からも太鼓判を押される評判の女子高生。

さらに老若男女問わずに好かれている人柄だがその実態は、家に帰ると頭身がデフォルメ(二頭身キャラ)になり、「美妹(びもうと)」から、夜更かし・偏食の不摂生かつグータラな生活を好む「干物妹(ひもうと)」となる。

この変化は心理描写ではなく、切絵や第三者からは完全に別人に見える。

タイヘイとタイヘイの同僚のぼんば・アレックスと叶の妹のヒカリ以外の人物には、家での姿は秘密になっており、干物妹状態の時に本場切絵に目撃された際は、うまるの妹の「こまる」であると詐称した。

美妹から干物妹に切り替わる時や、美妹の姿に戻る時や、美妹の魅力が発揮された時には「うまるーん」と独特な擬音が出る。

干物妹状態のうまるは、切絵からは「師匠」、ぼんばからは「たぬきち」、アレックスからは「先生」と呼ばれている。

干物妹状態のうまると普段のうまるはタイヘイとヒカリ以外は同一人物だと気付いていない。

まれに癇癪を起して海老名の前で干物妹に変身したり、自分から正体を切絵に話そうとするが、どのキャラクターもそれぞれうまるの正体以上に人には言えない大きな隠し事をしている為、毎回気付かれるどころか、話題にすらならずに終わって行く。

ハムスターを2匹飼育しており、家ではハムスターを模したオレンジ色のフードをかぶり白い無地のインナーシャツに赤色のスパッツといったラフな格好で過ごしている。

オシャレには関心が薄いようで、外行きの服はあまり持っていないが、ハムスターのフードは何着も持っている。

「ぬへへ」、「ぬほほ」、「ぬっふっふ」といった独特な笑い方をすることがある。制服時やショートパンツを履く時は黒のニーソックスを着用している。

好きな食べ物はコーラ・お菓子類などのジャンクフード系やハンバーグなどの肉類である。

特にコーラに至っては、余程のイベントがない限り、外出を極度に嫌う性分にもかかわらず、在庫が無いと分かれば近くのコンビニで買いに行くほど。

ラーメンも好物だが、カップ麺はタイヘイから禁止にされている。

苦手な食べ物は野菜類とワサビ、ただし唐辛子系の辛いものは平気。

バレンタインデーには『柿の種チョコ』を作り上げていたが、料理は基本的に苦手で、また、友人の海老名ほどではないがかなりの大食い。

マンガ雑誌『ジャンプー』の愛読者で『ジャンピース』がお気に入りだが、クラスメイトには「家で漫画は禁止されててジャンピースはあまり知らないが、トナカイのキャラクターは可愛い」と伝えている。

趣味は漫画の他にも、ネットサーフィン・アニメ鑑賞・オンラインゲームなどで、しばしば徹夜で没頭することもある。

特にゲームの腕前は達人級で、家庭用から業務用に至るまでジャンルを問わずに幅広く網羅している。ゲームセンターやサブカル関連のイベントなどに出かける際は「UMR(ユーエムアール)」というお忍びの姿に変装する。

行きつけのゲームセンターGAPCOM(LIONとして実在)では、その怪しい服装と異様なオーラに加え、ありとあらゆるゲームを制覇しクレーンゲームの景品を一発で取りまくる姿から15年に1人の超絶天才ゲーマーとして認知され、店員からは危険人物として3人体制でマークされているが、ジャンケンはかなり弱い。

外では優美、家ではマイペースに振る舞っているが、内面はやや臆病で寂しがり屋なところがあり、自分から他人に話しかけることが苦手であったり、タイヘイに本気で怒られるとすぐに泣いてしまうこともある。

ただし、自慢をしないで他人のメンツを立てる配慮をちゃんとするなど人柄の良さも本物であり、タイヘイに対しても気遣いを見せる事もあるが、日頃の行いが悪すぎることもあり、気付かれない場合が多い。

またオカルト現象や幽霊の類は苦手にしており、ホラー映画などは一人で観ることができないが、ホラーゲームは苦手とせず楽しんでいる。

家での生活及び切絵・ヒカリと過ごす際は「干物妹 家うまる」、海老名または4人で過ごす際は「美妹 外うまる」、シルフィンと過ごす際は「UMR」とそれぞれ違う姿で行動している。

タイヘイには常にワガママ言い放題で、自身の欠点を彼に擦りつけたり、時として自分の欲望のために利用しようとすることもあるが、下手な言い訳で失敗をして落ち込むこともある。

とはいえ、この日頃の行いは絶対的な信頼の裏返しであり、本心は頼りがいがある優しい兄のことが大好きである。同様の理由で、ある種の感情を持っている金剛姉妹には複雑な感情を抱いている。

物語が進むにつれ外うまるの状態でもデフォルメ描写やフランクな口調の増加、フードを被っての外出など外うまる、内うまる、UMRの演じ分けが「曖昧になってきている」(タイヘイ)。

うまるの正体を知らない海老名は「話しやすくなった」と評している。

その216において元々の人格は大人しい人格(外見は外うまるに近い)であり、それ以外の人格は離れて暮らしていた兄と話しやすくするための演じられた人格である事が明かされた。

なおヒカリは演じているうちに主人格になったのではないかと指摘している。

CDジャケットなどでは同一人物であるにも関わらず、干物妹状態と美妹状態のツーショットで姉妹を思わせるかのような演出がとられている。

「キャラクター人気投票」の総合結果は「干物妹 家うまる」は第5位、「美妹 外うまる」は第6位、「UMR」は第8位。

土間 大平(どま たいへい)

本作のもう一人の主人公で、うまるの兄。

作中での表記は「タイヘイ」。

『ダイヤモンド・サービス』のシステムサポート部で働くシステムエンジニアで、何かと人目を引くうまるとは対照的に見た目は平凡な眼鏡男子、頭頂部の髪の一点がアンテナ状にピンと尖っているのが特徴。

うまる達の遊びに付き添うなど面倒見が良く、うまる達4人にとっては身内とは別の意味での「みんなのお兄さん」的存在にもなっている。

恋愛感情に関してはかなり疎く鈍感であるが、本場楓がいうことには「さわやかで色んな女に好かれている」とのことで、妹の友人の海老名菜々や学生時代の友人で会社の上司でもある叶など彼に想いを寄せている女性は少なからず存在する。

誕生日は6月2日、身長は170センチ、血液型はA型。

心根が優しく落ち着きのある性格で、取るに足らない言い間違いを指摘されただけで、自分が間違えていたと認めてしまうほど責任感が強い。

10年以上付き合いのあるぼんばでさえほとんど怒ったところを見たことがないほど穏やかだが、怒った時にはうまるが大泣きするほど怖く、特に料理関係では声を荒らげる。

さりげない気遣いと心配りのできる好青年、それゆえに、職場では仕事のできない(むしろやらない)同僚のフォロー、家では疲れた身体で家事に追われるなど、何かと苦労の絶えない性分でもある。

普段は倹約家だが、うまるのワガママに屈してつい高いものを買い与えてしまうことがある。

荒矢田高校の卒業生であり、学生時代には鬼のようにテストで100点を連発していた秀才的頭脳の持ち主で、級友から「鬼のタイヘイ」と呼ばれているが、会社ではぼんばと一緒に二人で残業をしたり、発案企画が通らないこともある。

うまるの優秀な成績は彼によるものも大きく、うまるに勉強を教えている。

少年時代から料理に興味があり、腕前も良くその気になればかなり本格的なものを手作りできる他、うまるへの食育にも気を遣っている。

趣味は休日の朝の散歩。うまると違ってゲームの類は普段やらないため、あまり上手ではないが、うまる同様クレーンゲームは大得意で、またうまるとは対照的にジャンケンは非常に強い。

自動車免許を所持しているが、ペーパードライバーで、極度の心配性のため運転そのものは非常に苦手。同様の理由でスケートも滑ることもできない。

大の猫好きで、家では猫のイラストやロゴの入った服をよく着ており、たくさんの猫に囲まれて暮らしたいという密かな願望も持っている。常識的な感性の持ち主だが、『発音ミグ』のフィギュアの代わりになぜか尾山人形を買ってくるなど、時おり珍妙な美的センスを発揮することもある。

家ではグータラな生活を送るうまるの将来を心配し、精神的に自立してくれることを切に願っている。うまるのワガママ振りにはいつも手を焼かされており、一応の抵抗は試みるものの最終的には折れてしまうことが多いが、何だかんだで兄妹仲は良く、妹のことを大切に思っている。

「キャラクター人気投票」の総合結果は第3位。

 

もし、このアニメだけでも気になるようでしたら、U-NEXTで31日間無料で色々なアニメが視聴できるキャンペーンがあります。

「ちょっと見て、すぐに解約したいんだよなぁ」とか思ってることって結構ありますし、そこはお試し期間で見ることが出来るので安心。

映画・本・アニメなどエンタメが集まったU-NEXT

31日間無料で映画・本・アニメなどが見放題なので、31日を過ぎる前に解約すれば無料で見ることが出来るU-NEXT

U-NEXTのことを下記にまとめました。

  • とにかくラインナップが充実
  • 動画見放題、本見放題、アニメ見放題(トータル数十万本作品)
  • 高品質の音と映像

こちらの会社は見放題の作品数がNo1で、他社にはない作品のラインナップも充実しており、私も契約して楽しませてもらっています。

アニメや映画が特に好きなので、毎日見放題でうれしい限りでした。

今は無料期間を過ぎて、普通に見ておりますが最初の31日間は無料ですので、継続したくないと思ったら解約すればOKです。

一度、気になる作品をU-NEXTで見て下さい。