漫画とアニメ

アニメ【つくもがみ貸します】無料動画ストーリー紹介

「つくもがみ貸します」は畠中恵による日本の小説で、2007年9月25日に角川書店から単行本が刊行され、その後文庫本が角川文庫から刊行された。

2013年から「つくもがみシリーズ」としてシリーズ化され、同年3月26日には続編『つくもがみ、遊ぼうよ』(つくもがみ、あそぼうよ)が刊行され、2018年からは『小説 野性時代』にて『つくもがみ笑います』(つくもがみわらいます)が連載中。

累計発行部数は2017年10月現在、60万部を突破している。

江戸の深川にある古道具屋兼損料屋「出雲屋」には、100年の時を経て付喪神と化した古道具が数多く置いてある。

噂話が大好きな付喪神たちは、貸し出された先々で様々な噂を聞きつけては、それを話題の種とする。

彼らの声を聞くことが出来る出雲屋の清次とお紅は、彼らが拾ってくる騒動を解決していくが、そのなかで4年前に失踪したお紅の意中の相手である佐太郎の行方を図らずも知ることとなる。

¥1,397
(2020/08/05 06:50:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

このアニメはU-NEXTの31日間無料視聴という方法で見れますのでかなりお得。

31日無料視聴キャンペーンは、いつ終わってしまうか分からないものですが、今なら全然間に合います。

詳細は下にあるボタンから登録出来ます、貼っておきますね!

 

つくもがみ貸しますの登場人物

清次(せいじ)

本作の主人公で出雲屋の主人の21歳、「清次の周りでは妙な声が聞こえる」という噂がありながらも、優しく人情に厚い性格から町の人々に可愛がられている。

一方でお紅を支えるためにもしっかりしたいという思いが空回りすることが多々あり、付喪神たちから侮られることも多い。

出雲屋の先代主人で子供のいなかったお紅の叔父が、知人から引き取ったもらいっ子であり、お紅と血縁関係はない。

幼いころからお紅を「姉さん」と呼んでおり、成長してからは彼女に対して淡い想いを抱くようになる。

お紅(おこう)

本作のヒロインで清次より1歳年上の義理のいとこ。

優しく可愛らしい容姿と明朗快活な性格が特徴で、血のつながらない清次にも姉のように接する。元は日本橋の古道具屋「小玉屋」の一人娘だったが、本編の4年前に店が火事に巻き込まれて父親の久兵衛を亡くし、出雲屋に引き取られた。

佐太郎と彼が紛失した香炉「蘇芳」の行方を探しており、佐太郎のことが気になって嫁入りできずにいる。

 

¥1,397
(2020/08/05 06:50:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

もし、このアニメだけでも気になるようでしたら、U-NEXTで31日間無料で色々なアニメが視聴できるキャンペーンがあります。

「ちょっと見て、すぐに解約したいんだよなぁ」とか思ってることって結構ありますし、そこはお試し期間で見ることが出来るので安心。

映画・本・アニメなどエンタメが集まったU-NEXT

31日間無料で映画・本・アニメなどが見放題なので、31日を過ぎる前に解約すれば無料で見ることが出来るU-NEXT

U-NEXTのことを下記にまとめました。

  • とにかくラインナップが充実
  • 動画見放題、本見放題、アニメ見放題(トータル数十万本作品)
  • 高品質の音と映像

こちらの会社は見放題の作品数がNo1で、他社にはない作品のラインナップも充実しており、私も契約して楽しませてもらっています。

アニメや映画が特に好きなので、毎日見放題でうれしい限りでした。

今は無料期間を過ぎて、普通に見ておりますが最初の31日間は無料ですので、継続したくないと思ったら解約すればOKです。

一度、気になる作品をU-NEXTで見て下さい。