ライフ

【人間関係】自分の味方を認識することが幸せに繋がる話をします

世の中には口調が荒々しかったり、乱暴だったり、いびつな人だったりと、話すことがあなたと合わない人はたくさんいますが、その中でも関わる人を選んでいかないと、人間関係が少しずつ壊れていきます。

こういう場合はどうしたらいいかというと、結論として付き合う人をしっかりと選定する、それ自体が直接の幸せに直結しているということです。

人間関係がどれだけ充実しているかが、ほぼ幸せを決めていると言っても過言ではないでしょう。

そして、誰が自分の味方なのかをしっかりと認識して過ごすことが、安心感に繋がり精神の安定にも繋がっていくということ。

今回の記事は、誰が自分の味方でいてくれるか、そういった人を見分ける方法を少しお話していきます。

口調が危ないと思う人は自分に敵意を持っている人

人によって口調が自分に合わない、この人の発言は危ない、そう考えている人は結構多く、あなたの周りにも内心そう思っている人はたくさんいます。

本能で自分に合わないと思っている人は、自分に対して敵意を持っている人なので、そう感じているのだと思います。

もちろん、付き合う人間関係は敵意がなく、口調が荒くない人が良いに決まっていますが、なかなか選ぶのも大変です。

敵意を持っている人の特徴として、話す時の口調が荒々しいというのがあるので、すぐに認識することが出来ますね、ただ、中には口調が荒々しくないのに攻撃的である人もいるので、注意が必要です。

自分が大事にする人は感謝や他人のことを考える人

あなたが特に大事にするべき人の特徴は、自分ファーストではない人であり、他人ファーストである人のことです。

自分ファーストとは、自分のことを特に大事にする人で、自分のためなら他人のことはあまり優先的に考えない人のことで、他人ファーストはその逆のことで、自分よりも他人を大事にしたり、大切に考えたりする人のこと。

なかなか他人を大事にする行為自体、難しいことだと分かることだと思いますが、それを普通に実践することが出来る人はあなたが最も大切にするべき人になります。

こういった心を持っている人を大切にすることは、あなたの人生の幸福度を上げるばかりか、自分の抱えているストレスのほとんどが解消されるという、素敵な効果ばかりが起こります。

味方が増えれば、自分の良さをどんどん解放できる

これは間違いないことでして、自分の周りの人が全員味方であることを例に例えますが、それってかなり強い状態じゃないでしょうか?

普通に客観的に考えてみてください、その状態になったら大概のことは肯定されますし、例え間違ったことを言ったとしても、そうじゃないよこうだよと修正してくれる友人知人があふれてくると思うんです。

そんな状況を作ることが出来た時には、自分の個性や良さを思いきり解放することが出来るため、ストレスのない生活が送れるようになりますよね。

そういった味方を増やすことが幸せに繋がるというお話でした。

 

今回はここまでにします。